スピカコンサートNo.161 レイ・イワズミ&瀬﨑明日香 Violin Duo

Spica Iwazumi

2016年4月3日

JTアートホールアフィニス

コンサート

有限会社スピカ

フランコ・ベルギー派とは、フランスとベルギーを発祥の地とし、19世紀から20世紀初期に掛けて発展したヴァイオリンの奏法と哲学で、ヴァイオリンの演奏のみならずヴァイオリンのために書かれた作品にも大きく影響し、ヴァイオリンの可能性とヴァイオリンの音楽の魅力を大きく開花させました。

今回、そのフランコ・ベルギー派の軸として活躍し、ヴィルトゥオーソの誉れも高いヴァイオリニスト兼作曲家の作品、それも最もその心が凝縮されているヴァイオリン・デュオの作品を取り上げ、その魅力を探っていきます。

Official Website

OTHER EVENTS